ワークライフバランス

ON(仕事)

OFF(休日)


中学生の頃、身内が入院したことがきっかけで人のお世話をする仕事に興味を持つように。一言で“お世話”といってもいろいろな仕事がありますが、その中でも最も生活に密着しているのは介護の仕事だと考えて、この道を選びました。当法人のことは大学の学内セミナーで初めて知り、働いている方の雰囲気が明るくてよかったことと、実家から通えることが就職の決め手となりました。

入職して最初は、学校で学んだこととのギャップにとまどうこともありました。学校では介護の技術は教えてくれますが、コミュニケーションの取り方などはほとんど学ぶことがありません。実際の利用者様は、それぞれに症状も性格も違うため、一人ひとりに合った対応のしかたが必要です。利用者様に安心していただくためには、まず何よりも信頼関係を築くことが大切だということを痛感しました。

当初は従来型の施設(本館)への配属でしたが、今後のキャリアアップを考えて上司と相談した結果、現在はユニット型の施設(新館)に異動。より一人ひとりに寄り添った介護を心がけています。正直、たいへんなことも多いですが、利用者様と過ごす時間はそれ以上に楽しく、やりがいがある仕事です。スタッフ同士の仲がいいので、困ったことがあってもすぐに相談できるのもいいですね。


当法人では勤務時間がいくつかのパターンがあり、就職して最初の1ヶ月くらいは生活のリズムを合わせるのに少し苦労もしました。でもそれも慣れればたいしたことはないですね(笑)。月に数回夜勤もありますが、すぐに慣れました。お休みの日は、こちらで希望を出すこともできるし、連休も取れます。毎月の仕事が落ち着いてからとか、お給料日の後とか(笑)。お休みが少ないと感じたことはありませんね。

旅行が好きなので、友達の休みと合わせてよく温泉にも出かけます。どうしても平日になってしまうことが多いですが、道も空いているしホテルも取りやすい、何よりも安くすむのがいいですね(笑)。旅行の計画は数ヶ月前から立てることも可能です。友達の結婚式の日にお休みをいただいたこともあります。先輩の中には、一週間お休みを取って沖縄に行った人もいるので、いつか自分もそんな計画を実行してみたいですね。

遠出をしないお休みの日もいつもと同じ時間に起きます。だって、もったいないじゃないですか(笑)。部屋の片付けをしたりすることもありますが、大抵は朝から出かけますね。近場のスーパー銭湯に行って、お買い物をして、夜は友達とご飯を食べに行って…結構、充実していますよ。職場のメンバーとも仲がいいので、休みを合わせて遊びに行ったりすることもあります。


エントリーはこちら