ワークライフバランス

ON(仕事)

OFF(休日)


元々人と接することが好きで、大学でも教育系の学部を選びました。しかし、そこで学んでいくうちに、自分が目指していた将来と「子どもを育てる」ということに違和感をもつように。そんな時、子どもの頃、近所に介護施設があり、よく遊びに行って楽しかったことを思い出したんです。だから就職活動では、迷わず介護業界へ。いくつかの施設を見学して、一番利用者様の笑顔が多かった、当法人を選びました。

介護はまったくの未経験だったので、技術的なことはもちろん、一日の流れや利用者様一人ひとりのことなど…覚えることはたくさんありました。最初の3ヶ月くらいは、「たいへんだった」ことくらいしか覚えていません。それがある日から、急にすごく優しい気持ちになれました。ある利用者様が、僕と目が合った瞬間に笑ってくれたんです。本当に嬉しそうに。自分が求めていた「人とのふれあい」はこれだと確信しました。

正直、研修のときは「できません」と言ってしまったこともありましたが、今では一通りの介助はできるようになったと思います。今でもたいへんなことはありますが、利用者様の「いつもありがとうね」という一言でそんな気持ちも吹き飛んでしまいます。これほどやりがいがある仕事だということは、想像していた以上でした。当面の目標は、もっと一人でできることを増やすことと、介護職員初任者研修資格を取得することです。


プライベートでは、小学生の頃から野球一筋でした。中学は学校のクラブ活動に、高校では地域のクラブチームに参加。出身は浜松市なんですが、電車を乗り継いでナゴヤドームにプロ野球観戦にも行っていました。大学では、自分たちでクラブチームをつくって、週1、2日の練習と週末は他の大学や社会人の草野球チームと試合。ポジションですか?もちろん、ピッチャーです!

就職後は、卒業した大学のクラブチームのコーチをしています。休みの日や夜勤明けの朝にも顔を出したり。相変わらず週1、2日しか練習していないはずなのですが、よくタイミングが合うんですよね(笑)。試合では、たまに選手としても出させてもらっています。これはこれで気分転換にもなるし、自分にとっては大切な時間ですね。

学生時代の友人と会った時には、仕事のグチなどを聞くことも多いですね。一番多いのが「先輩と上手くいっていない…」という話。自分の場合、そういった不満が一切ないので、当法人を選んで本当によかったと感じています。実は当法人にも以前から野球のチームがあって、今度、近隣の福祉法人が参加する野球大会があるらしいんです!これでもっと野球をやるチャンスが増える。仕事にもより一層、熱が入りますね(笑)。


エントリーはこちら